旅まつり名古屋

出展について

下記の規約をご覧いただき、同意ボタンを
押していただくと出展案内資料がダウンロードできます。

規約

旅まつり名古屋2018(以下「本イベント」という。)へ出展する団体・企業など(以下「出展者」という。)は、本イベント出展規約(以下「本規約」という。)に定められた条件に従って出展を行うものとします。
なお、本規約にある「主催者」とは、旅まつり名古屋実行委員会を指します。

第一条 旅行関連事業のPRを目的とした内容に限定

  1. 旅行・観光のPRを目的としないもの、露店営業などの営利に特化したもの、本イベントのテーマに相応しくないものなどは、出展できません。
    ※過去に多数の実績があり、かつ主催が認めたものについては例外とします。

第二条 ブースの転貸、転売、譲渡、交換などの禁止

  1. 出展者は、本規約に基づき主催者から利用を許可された出展スペースの全部または、一部の権利を他者へ譲渡、貸与等(譲渡料、貸与料等の有無を問わず)を行うことはできません。
  2. 出展者は、本規約および本規約に基づく権利義務を第三者に譲渡することはできません。

第三条 不可抗力による開催中止等

  1. 主催者は以下の各号に定める場合、イベントの中止、サービスの停止をすることが有ります。
    1. 天災地変、疫病、戦争、内乱、テロ、ストライキ、ロックアウト、輸送機関・通信回線の事故、行政命令若しくは、規則、その他、主催者の責めに帰すことが出来ない不可抗力によるやむを得ない事情が発生した場合。
    2. 主催者が本イベントを開催することが適切でないと判断した場合。
  2. 主催者は前項記載の場合における、イベントの中止、サービスの停止による損害の補償は行いません。
    1. 万が一、本イベントが開催されないときは、主催者は出展者に対し、払込金から既に開催準備のために要した全実費(会場費を含む)を控除した額を返還します。但し、当該出展者に故意又は過失がある揚合には、この限りではありません。
    2. 主催者は、理由の如何を問わず、イベントの取り止め、早期閉会、開催延期あるいは会場の移転などが、出展者又は来場者の利益にとって必要かつ望ましいと判断し、それを実行した場合は、出展者に及ぼす如何なる損害に対しても責任を負いません。

第四条 会場内の行動

  1. 本イベントに相応しい品位のある行動をお願いします。勧誘の強要や来場者が不快と感じられるような行為を発見した場合は、即時、撤収いただく場合があります。

第五条 展示の管理と免責

  1. 会場営業中、出展ブース責任者は必ず会場に常駐してください。
  2. 展示及び実演は、各団体ブース内に限定します。道路や公園施設内での広告・宣伝・販売などの行為はお断りします。
  3. 主催者は会場の保安や事故防止に努めますが、盗難や紛失、破損や汚損、また、人的災害など、あらゆる原因から生じる損失や損害については、その一切の責任を負わないものとします。

第六条 秘密保持

  1. 出展者は、本規約により知り得た主催者の営業上・業務上の一切の機密情報について、厳重に管理・保管し、イベント期間中はもとよりイベント終了後においても、事前に書面による主催者の承諾を得ないで、第三者に開示又は漏洩しないものとします。

第七条 出展団体用マニュアルの順守

  1. 主催者が申し込み後に出展者に提示する「出展団体用マニュアル」は、本規約に付随し、イベント主催者と出展者に対して適用されるものとします。

第八条 紛争処理

  1. 本規約は日本法を準拠とし、本イベントに関わる一切の紛争について名古屋地方裁判所又は、名古屋簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第九条 規約の遵守

  1. 本規約を遵守することに同意することを前提とし、万が一規約に反した行為が発覚し、制作から本番当日までの間で出展をお断りした場合、これに生じた損害などに対して、主催者は一切の責任を負わないものとします。

付則

本規約は、違法性のある出展者が複数認められたため、2017年5月をもって制定します。

TOPへ戻る